*Simple資産運用生活*

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 保険・税金
CATEGORY ≫ 保険・税金
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

かんぽ生命より健康祝金のお知らせと、当時の思い出

a0001_013143.jpg

かんぽ生命より、学資保険の満期に伴う健康祝金の支払い通知が届きました

長男が生まれてすぐに学資保険に加入しておりましたが
【健康祝金付疾病傷害入院特約】というのにも入ってたらしいですw

一度も保険を使う機会がなかったため、上限の5万円をいただけることに♪
これまで18年間、何事もなく無事に過ごせたことに感謝です(-人-)


保険料は一括で、908,017円払いました
満期金1,000,000円+祝金50,000円で、返戻率は115.6%です

今なら、特約なんて必要なし!と分かるんですが
あの頃は、そんな知識なんてまったくのゼロだったからなぁ・・^^;

でもまあ、契約して一括で払った当時の自分を褒めたいと思いますw


・・で、これとは別にもう1件、
やはり、かんぽの学資保険を100万契約しているのですね
長男が生まれて1年後に加入しています
当時の私は、いったい何を思っての行動だったんでしょうか・・^^;

契約内容はまったく同じでも、1年遅くなると返戻率が107.5%に落ちます

保険の仕組みはよく分かりませんが、
学資保険を契約するのであれば、赤ちゃんが生まれる前から
早めに検討を始めておいたほうが良さそうですね

*

ところで、結婚して1~2年という頃に、
一括購入にあてた計200万もの大金をどうやって工面したのか?

過去の記憶を遡ってみますと・・・

夫は、学生時代の友人が郵便局勤務だった関係で、
若かりし独身時代から、ちょこっとお金が貯まればゆうちょの定期に預ける、を繰り返しており
ちょうど私と結婚したあたりから、続々と満期償還が始まりました

当時の利率は、今と比較にならないほど高く
お金を10年間寝かせておけば、勝手に倍近くに増えて戻ってくるという
摩訶不思議な状況を目の当たりにした私は、
【お金がお金を生む仕組みがある】ことに、多少なりとも衝撃を受けました
そして、【お金に対する無知無関心ほど恐ろしいものはない】と感じたのです

これが、その後の投資生活の大きな起点となっています

で、そうやって、夫のコツコツ定期預金が大きくなって戻ってきたものを
長男の学資保険にあてた・・・というわけですね^^

*

かんぽ生命では、私の養老保険も加入しています
私が独身の頃に実家の母が勝手に加入し、今も払い続けているのですが
利率の比較的良かった時期に契約しているため、今となってはありがたい『お宝保険』です
GJな母に、これまた感謝(^人^)


そんな感じで、契約している保険は少ないうえ、
どれも15年以上前に加入したものばかりです
保険に関しては、周囲に助けられた幸運もあり
まあまあ上手くお付き合いしてこれたかなと思います^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


スポンサーサイト
保険・税金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■個人賠償責任保険を特約で追加


楽天カードから お手紙が届いた。

rakuten2.jpg

個人賠償責任保険加入のお誘いが入っていた。
ここ数年 高額な賠償金を請求されるケースが増加しているそうだ。


基本的に保険と名のつくものには極力加入する必要はないと思っているが
自動車・火災・地震は別。 して個人賠償責任保険はどうだったっけ・・・?


いい機会なので 我が家の加入状況を確認してみたら ずいぶんツメが甘かったw


 ・私&夫 → 乗車時のみ(自動車保険 対人・対物)

 ・長男 → 自転車乗車時のみ(自転車保険)

 ・長女 → PTA活動時のみ(PTA団体保険 ※強制加入)



補償対象となる状況が限定されており
日常生活で起こる事故すべてが対象となるものには 加入していなかった。
重複するのは勿体ないがやむを得ない。楽天カードの保険に加入しようか・・・・


・・・と思っていたところに 投資ブロガー界では有名なkaoruさんが
偶然にも個人賠償責任保険に関する記事をアップされた。


『自動車保険や火災保険に付帯されているケースがほとんどで
もし付帯してない場合でも100円~200円で追加できるはず』
とのこと。


なぬ?!

早速 保険会社に問い合わせてみたところ
『年額1,500円で 個人賠償責任保険(示談交渉サービス有り)で付帯できる』
という回答をもらった。
速攻で申込んだのは言うまでもない。


慌てて楽天で加入しなくて良かった。こちらだと年間6,000円の出費である。
あとから1,500円で済んだと知ったら 悔しくて眠れなかっただろうw


無知は怖い。
個人賠償責任保険は大事だと分かっているのに
自動車保険等に特約で付帯できることを知らなかった。
何となく適当に曖昧にしてきたことを反省。


というわけで 一度確認されることをおすすめしたい。
自動車保険や火災保険にわずかな金額で付帯できる。共済などにもある。
複数加入していれば 保険料を比較して安い方を選べばよい。
示談交渉を代行してくれるかどうかのチェックも忘れずに。


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

保険・税金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

■保険について



我が家の保険加入状況です。

・学資保険・・・払込済

・お祝い金付き子供保険(長男・長女)・・・それぞれ1万/月

・かんぽ養老保険(私)・・・2万/月

・共済保険(医療・火災)・・・会社経費 




学資保険は若かりし頃 子供が産まれたら入るもの!という残念な思い込みで加入。

お祝い金付き子供保険は若かりし頃 ビジネス上のお付き合いで加入。

養老保険は 私が結婚する直前に母が勝手に加入しており 払込みを継続中。

こちらは利率が高かった時代の契約で 今では貴重なお宝保険となっております。



共済保険は火災保険は入るとして 毎年引っかかるのが医療保険。

加齢に伴い体のことも段々気になってきますけど・・・いるんかな??

と迷いつつ 会社経費で計上できるため結局加入してるんですよね^^;


これではいかん!と ↓を読んで目下勉強中です。







・・・法人は一旦おいといて。 

個人保険に対するスタンスは『極力加入しない(これ以上増やさない)』です。



”いざという時頼るべき親も親戚もいない若い貧乏夫婦に子供ができてしまったような場合、

残された妻子が次の生活を軌道に乗せるまでには、それなりの備えが要る。

「こうした時にだけ」生命保険は必要であり、ありがたい仕組みだ”
(山崎 元/超簡単お金の運用術)



”生命保険も公的年金から遺族年金が出ますので、必ずしも必要ありません。

ただし、自営業者の子どもがいない配偶者には遺族年金は出ないので、配偶者が仕事を持っていない

場合には、生命保険に入っておいたほうがいいでしょう”
(林 總/正しい家計管理)




これまで書籍やネット記事で 保険に関する話を散々目にしてきた上に

資産運用や経理のプロであるお二方の 上記の見解を読んで

生命保険に関しては必要最低限のもので十分だという認識を強く持ち

さらに我が家の状況を照らし合わせると 要らない気がする。ということです。





医療保険は 高額療養費制度というありがたいシステムが存在する以上

保険料を払い続けるよりも 貯蓄や投資のほうがベターだと思うけれど

(・・・てことは会社経費で払ってる分も不要じゃないのw)

私が高齢者世代になった頃も 制度が機能しているのでありましょうか?^^;





現在加入している 学資保険と子供保険はそのまま教育費へスライドし

養老保険は老後資金。

そのまんまですな・・・良くも悪くも手を付けられないので仕方ないです。



結論→ 今のところ個人保険加入の必要はない。法人保険についての勉強をすべし。





保険・税金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

自転車保険に加入

高校まで約30分の距離を 自転車通学し始めた長男

学校から強く勧められたこともあり 自転車保険に加入しました



私は長期投資に関する本ばかり読んでいるせいか

「保険」と名のつくものに 若干拒否反応があります

(たいてい保険に対する辛口コメントが載っているので もろに影響受けてます)



ですが 通学時間や距離を考えると

やはり入っておくべきと判断し・・・



いっちばん安いタイプ(3年間で5,000円)に加入しましたw



必要な補償はただひとつ 賠償責任です

長男が被害者となってケガを負うのはともかく (ともかくでもないけど^^;)

加害者となって人や物を傷つけたとき・・・

こちらに明らかな非があって 損害賠償請求でもされようものなら

今までコツコツ貯めてきたお金など 一瞬で吹っ飛んでしまいます

経済的だけでなく 精神的ダメージも計り知れません


新聞記事などでも時折目にしますが

自転車で人を殺めることは可能なのですよね

無茶な運転はしないよう重々話してはいますが

万が一ということもあります



掛金がいちばん安いタイプでも 

賠償責任は 他と同額の1億円の補償がついており

これさえあれば とりあえずは安心です^^



今日から 早朝補習スタートの地ならしとして

長男は早い時間に学校へ行ってしまいました


私は5:30起きで お弁当作り・・・

元来ねぼすけですが 子供の為ならエンヤコラ!ですw




保険・税金 | Comments(0) | Trackbacks(-)

キッズ保険を解約

こんにちは むぅです^^


全労済のキッズ保険を解約しました

つきあいのある銀行から ノルマ達成の協力を懇願され

子供2人分 加入していました


実は他にも 子供保険に加入しているのです

こちらは家族の友人絡み・・^^;


銀行の担当さんもとっくに変わっているし

契約更新のお知らせが届いたのを機に 解約しました


保険料は 2人分で月1,800円ですが

年に1回 1~1.5ヶ月分の割戻し金が支払われます

今年は実質 月1,500円ほどの保険料になりました

1,500円・・・

この辺のうどん屋さんなら 家族で1杯ずつ食べても

下手したらおつりがきます(笑)


気になっていた事が1つ片付いて スッキリしました^^
保険・税金 | Comments(2) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。