*Simple資産運用生活*

2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
      
≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆ワードローブの制服化っていい響き。




ワードローブの制服化という言葉を最近耳にする。
手持ちのアイテム数をしぼって とことん着回すやり方だ。
スタイルは一辺倒になるが 制服なのだから当然のことでありそれが狙いでもある。






今や 業界内部の人が
『服をたくさん持てばいいってもんじゃない。ワンパターン上等!』と言う時代。


スタイリストというファッションの最前線にいる人たちも
自分に合うスタイルの服をルーティン化しているとか。

・・センスのない素人にとって この
『自分にはどんな服が似合うのか』を知るのが最大の難問ではあるのだがw






にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサーサイト
家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆マネーフォワードについて(2)


自慢じゃないが 私はマネーフォワード(MF)を利用する前まで
1度として家計簿が続いたことがないw
油断するとレシートがたまる・・・計算が合わないとイライラする・・・とにかく面倒・・・
家計を預かる方には 充分お分かり頂けるかと。

*

MFで家計管理を継続していく事前の準備として

 ■自動引き落とし・カード決済用の支出口座は数を絞る
 ■家計費目は自分仕様にカスタマイズ

この2つがポイントだと思っている。


どこの銀行口座を持つか どのカードを持つかは
こう言った機会に きちんと向き合ってみるといい。
使っていない銀行の通帳が何冊もあったり そこに半端な残高があったり
何となくたくさんカードを作ってしまっていたり
それらは要不要を判断して整理統合し 頭もスッキリさせよう。


もう少し言うと
現金決済はMFでも手入力となるので 私はより負担を軽くするために
できるだけカード決済にして 自動的にデータが反映される仕組みにしている。
ただこの方法は データ反映までにタイムラグが生じることや 
人によってはつい使いすぎてしまう と言ったデメリットも生じるため万人におすすめはしない。


また 費目設定の仕方についても
きっちり細かく把握したいのか ざっくりと全体がつかめればいいのか各々の考え方で変わってくる。


と言うことで・・・
参考(になるか分からんけどw)までに我が家の費目は以下のとおり。



   食 費
    ├ 食料品
    ├ 生協
    ├ 外食
    ├ 子供昼食代
    ├ お弁当・パン
    └ コンビニ・自販機


   教育費
    ├ 学費
    ├
    ├ 部活動費
    ├ 文具・備品
    ├ 子供おこづかい
    └ その他

   衣類小物・趣味費
    ├ 夫
    ├ 私
    ├ 長男
    └ 長女


   保険費
    ├ 共済積立
    ├ 生命保険
    └ こども保険


   医療費
    ├ 医療費
    └ 薬(市販品)


   日用品費
    └ 日用品


   交際費
    ├ 冠婚葬祭
    └ プレゼント


   特別費
    ├ 耐久消耗品
    └ リフォーム


   税・社会保障費
    ├ 所得税・住民税
    └ その他税・社会保障


   その他 
    ├ 町内会費
    ├ 新聞代
    ├ 郵便・宅配便
    ├ オークション送料(一時立替え)
    ├ ヤフープレミアム会費
    ├ 美容院
    ├ クリーニング
    └ その他



赤文字は 引き落とし・カード決済によって自動的にデータが反映される項目
青文字は 月1・定額の支出につき繰り返し入力設定によって自動的にデータが入力される項目
緑文字は 年に1、2回程度しか入力しない項目



手入力となるのは 子供に関する支出が圧倒的に多い。
学食代や塾の合間のお昼代・大会参加費など 子供に直接お金を手渡す時だ。


過去数ヶ月分のデータをチェックしてみたところ
1ヶ月あたりの手入力数は39回だった。 1日平均1.3回 1週間なら9.1回となる。 


1週間に1度のログインでも 10回足らずの手入力で済み
なおかつ費目ごとの明細をここまで把握できたらどうだろう。
この私が1度も挫折することなく家計簿を続けられている理由は そういったところが大きい。


データ入力さえ終われば 基本ほったらかしにできる点も良い。
電卓をたたいて合計金額を出す必要もなく
様々なグラフで家計状況をいろんな角度から視覚的に分かりやすく示してまでくれる。


特に それまで家計簿の習慣がない人が始めて間もない頃は
自分の予想と現実のギャップに 驚いたり気付かされる事が多い。
チリツモで思ったよりお金を使っていたコンビニ代
分かっているつもりで分かっていなかった年払いの保険料 等々
現実の数字を見せつけられると『うへぇ・・・』となるw


支出だけではない。
わずか数円の銀行の利息でも きっちりデータに反映されると妙に嬉しいものだ。
お金が入ってくるという喜びだけでなく 1円単位で把握できているという充実感が加わる。
  


そういえば 我が家の費目についての詳しい記事は過去に書いていた。→こちら
費目の内容は今とほとんど変わらない。文面の雰囲気は今と違うけどw 


MFをとっかかりにして 自分なりの家計との向き合い方をつかめば
その後の暮らし方(=生き方、価値観)にも大きく影響してくるはず。
老後がどうの下流がどうのと いたずらに不安を煽られるばかりではなく
まずは足元をしっかり見つめることから始めなくては話にならんだろうと思う次第。
 





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆マネーフォワードについて


たびたび記事にしている家計簿アプリ・マネーフォワード(以下MF)。


ブログを見ていると 私のように手放しで絶賛wしている派 
今ひとつ使いこなせずもどかしい派と 様々だ。


MFを利用し始めて2年近く経つが
最初の数ヶ月は頻繁に設定をいじって試行錯誤していたし 今でもたまにやっている。
家計事情は世帯それぞれ 似て非なるものだから
【我が家仕様】にカスタマイズすることは必須だと思う。


1つ心がけていることは 作りこみ過ぎてややこしくならないようにすること。
シンプル・合理的・ラク を同時達成できそうな落としどころを常に意識している。
私はズボラな人間なので『いかに労力を使わずに済むか』にかけては真剣だw  

そうやってなるべく負担感を軽くしながらMFを続けているうちに
徐々に精度の高い より自分にフィットした家計管理が行えるようになる。


*


MFは無料版とプレミアム版があって 違いは以下のとおり。

mfhikaku.png


無料版でも十分使える・・・と言いたいところだが
登録できる金融機関が10件までなのがネック。
投資をしていれば 証券口座・銀行口座・クレジットカード等々とても10件では収まらない(と思う)。
所有している金融機関をすべて登録してこそ MFの利便性が十分に発揮されるので
どうしても無料版を利用したい場合は 口座を断捨離するとか その辺は各々で対応されたい。


また登録にあたっては ネット取引用のIDとパスワードが必要となる。
MFに登録したいがために 私は地元の信金口座もネット取引を申請してIDとパスワードを取得した。
ズボラーは 少しでもラクになるためなら 少々面倒な手間でもえいっと息を止めてやるのだw


 次回(費目について)に続く。。。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆IPO申込み。でも郵政グループは見送り。


■GMOメディア
■パートナーエージェント
■バルニバービ


3銘柄のIPOを申し込んだ。


パートナーエージェントは 幹事に【松井証券】の文字が見えたので
すっっごく久しぶりにログインして入金して申請した。
当たってくれないかな~~~


話題の 郵政・かんぽ・ゆうちょのIPOについては見送る方向だ。
上場規模・知名度・メディア露出度も超破格なので
新規の人や日頃それほど取引しない人まで 
こぞって申請してそうで とても当たる気がしない。

株式上場によって入るお金は復興支援にも使われるそうで
通常のIPOとは多少違う面も持ち合わせているが
ならばなおのこと 多くの人が申込みに殺到しているだろうから
ここは潔く身を引く。ということにしておこうw  



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

株式・債券 | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆急上昇した2銘柄を売却


KB-sakataseeds.png


KB-pioneer.png



保有している個別株2銘柄が急伸したので売却した。

 ■サカタのタネ(1377)・・・ 大昔w 1,641円 買い → 本日 2,415円 売り

 ■パイオニア(6773)・・・ 8/27 215円 買い → 本日 317.4円 売り



日経平均が若干マイナスとなる中

サカタのタネは海外事業が好調で 業績予想を上方修正したこと
パイオニアは スピーカー約4500万本受注が材料視されたこと

で 株価急伸につながったらしい。


サカタのタネは 優待目的で買った唯一の個別株。
海外販路を伸ばしていることは分かっていたし
配当も徐々に増えているので ホールドという手もあるのだが・・・ 

ここ数年は商品購入の機会そのものが激減し 優待の恩恵を享受していなかったところに 
今年から優待内容が変更となり あまり魅力を感じなくなったことが重なって
ある程度利益が乗ったところで売却するほうに 気持ちが傾いていた。



パイオニアは 株おじさん推奨銘柄で何も考えずに買った株であるw
たまたま確認したら上がっていたので 何も考えずに手放したw


手数料・税金を差し引き 2銘柄で+20万ほどの利益となった。
このところずっと沈んでいたので 利確できたのは素直に嬉しい。


後場の始まった頃に たまたまマネーフォワードにログインしたのはラッキーだった。
これまでも マネーフォワードをとっかかりに利確したことが何度かある。
複数の証券会社に分散している保有銘柄の状況が一度に把握できるため
特に今回のように個別株が急伸した時は タイミングよく動けるチャンスが広がる。
こういった部分は マネーフォワードのすぐれたメリットの1つだと思う。

ひょっとしたら勢いでもっと上昇するかも・・・と頭をよぎることもあるが
『これで充分』と割り切っている。そうしたほうが結果的に良かったパターンが多い。テクニカルは分からんw






にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

株式・債券 | Comments(-) | Trackbacks(-)

◆組織は人


少し前に 川崎市の老人ホームで3人が転落死した事故。
その後 系列の他施設も含め職員による虐待等が行われていたことが
次々に判明し問題となった。


いかにも立派で何かと行き届いてそうな施設の外観と 
内部の実情との激しいギャップに 驚いた人も少なくないと思う。 


オーナーがどこの誰かは存じ上げないが
営利目的の異業種参入組であろうことは想像に難くなく 
そこには介護や人間の尊厳などに対する真摯な思いは微塵もない(と断言する)。

*

近くに こじんまりとした老人施設がある。


『お年寄りが可愛くてたまらない』と言う女性は 介護保険制度が始まってから
私がやらなきゃ誰がやる という使命感から看護士の職を辞して施設を立ち上げた。
オーナー兼施設長として 日々目の回るような業務をこなしている。


介護報酬の変更等により 経営はさらに厳しいに違いない。
彼女や そこで働いているスタッフの方々には本当に頭が下がる。


傍から見ていて特筆すべきと思うのは
『スタッフの離職率の低さ』と『人間の尊厳を守る理念に基づいた施設運営』の2点。


開設時から勤務しているスタッフが多く 新規採用で入っても辞めている人はあまりいない。
4K(きつい・汚い・危険・給料低い)で人が定着しない職種と言われる中では珍しい。


また 節分・花見と言った四季折々のイベントを 実にまめまめしく行っている。
地元のお祭りにも車いすで見物に出かけるなどして 
施設の存在を知ってもらい 地元に溶け込む努力も行っている。 

認知症専門施設であるが 症状レベルは個々で異なるため
比較的軽度な入所者には 料理や洗濯物たたみを一緒に手伝ってもらうなどしているそうだ。


この施設に入所すると
ベッドから起き上がれなかった人が 自分で歩けるようになったり
認知症の症状が軽減する・・・ということで 口コミで評判が広がり
転院や死亡等で部屋に空きが出ても すぐに次の人が入所してくる。
ついでに言うと 月々の利用料金もかなり良心的なのだ。


これらはすべてオーナーの人間性と介護理念がベースとなっている。
大らかで明るくて ちょっとおっちょこちょいだが 人情に厚くコミュニケーションを欠かさない。
認知症で何もできなくなった高齢者に対しても 1人の人間としてきちんと対峙している。 
スタッフはそんなオーナーに共感し おっちょこちょいなところを上手にフォローしながら
日々頑張っているのだ。 


古い住宅を改装した施設は 川崎市の立派なそれとは比べようもないが
内部を覗いてみると 逆転して これまた比較にならない。


つくづく 組織=人なのだと思う。
給料や仕事の内容も確かに大事だが 
トップの人間性が組織内の人々にいかに大きな影響を与え かつ重要な要素であるか。

川崎の件のみならず VW・東芝・東京オリンピック組織委員会からラグビー日本代表まで
組織をまとめる人間次第で 転がっていく方向が決まるものだと言うことが良く分かる。




にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

その他 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。