*Simple資産運用生活*

2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      
≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

2015年下半期資産推移と内訳


20151228-2.png

2015年下半期の資産推移は 上記のようになった。

8月の終わりに チャイナショックによって投資信託(黄色)が目減りしている。

やたらとメディアが騒ぎ立てるがゆえに 不安を覚えなかったわけではないし
実際の金額もそれなりに下落してしまったけれど
資産全体を見渡すと『心理的なダメージほど下がったわけではなかった』と分かる。


割合(%)と絶対額
マクロとミクロ
複数の視点を持つことが大切だなと思う。





    20151228-1.png

     ↑今日現在の資産内訳

上半期まで加えていた【年金】と【保険】は 計上項目から外した。
年金はどうなるか分からないし
保険は貯蓄型と呼ばれるものしか入っていない。
いずれにせよ然るべき時がくれば自動的に資産計上されるので
それまでは無いものととらえることにした。


1つ2つ前の記事にも書いているが
【不動産】は定期預金感覚で投資しているファンドなので
これを無リスク資産ととらえると
無リスク資産(現預金・債券・不動産):リスク資産(投資信託・個別株)=6:4
というバランスは まあ悪くはないかと思っている。

問題はリスク資産のアセットアロケーション。
相変わらず日本株に偏りすぎ。
予定では今年中に是正できるはずだったが
私の決断力のなさが災いした。orz


今日の大納会は なんとか19,000円台に乗せたので
せめて1月はこの流れで少しでも上がってほしいところw
そして来年こそはアセットアロケーションを整えたい。。。←切なる願い

*

本日の記事を以て 今年の更新を終わります。
今から年賀状にとりかかりますぞよw

2016年が皆様にとってより良い年となりますよう。








にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

資産内訳・運用状況 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2015年投資状況4【番外編】


2015年も終わりということで
今年1年の投資状況&結果を数回に分けてアップ中。
4回目はこれまでのジャンルに分けられないものを集めた番外編。



現在の状況は以下のとおり。


・レバレッジ付き外貨定期取引
・純金積立
・住友不動産ファンド



レバレッジ付き外貨定期取引は SBI FXトレードにて今月から始まったばかりのサービス。
安い手数料で外貨を自動的に積立買付できる。3倍までのレバレッジも設定可能。
私にしては珍しく素早い行動で すでに積立をスタートしている。


純金積立は ほぼ放置w
マネックスゴールドは マネーフォワードでデータが
自動取得できないので(できないですよね?)
いちいちログインするのが面倒でほったらかし状態である。


住友不動産ファンドは5年満期で これまで3回申し込んでいる。
ざっと10年以上はここに常に預け入れて今日にいたるが
今まで一度も予定利率を下回ることなく配当を受けてきたし 
満期償還時もマイナスになったことはない。
リスク資産だが 感覚的には『銀行定期預金よりも割のいい定期預金』である。
ただ ここ数年は新たな募集告知はされず 発売済みの商品の利率も
徐々に下がっていたため 次回の募集告知があったとしても購入はないかもしれない。  


*


4回に分けて むぅ家の投資状況を記してみた。
夫とバトンタッチして 私が主に資産管理・運用をやるようになってからは
明らかに保守的な布陣に変わりつつある。

投資に関して 自分なりに勉強していると
夫の投資行動が かなり攻撃的であったことがよく分かる。
だから落ちるときはドーンと落ちるし 跳ねるときはドカンと跳ねる。 
幸か不幸か 当時は知る由もなかったw


投資だけで今の資産を築いてきたわけではないが
かといって投資なくして 今の資産はない。
また投資を続けることによって【知識】や【経験】という目に見えない財産を得られる
のも 非常に大きいと感じている。


【来年の方針まとめ】
・『下がってもうれしい、上がってもうれしい』と思える資産運用を。 





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

現金・預金・金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2015年投資状況3【無リスク資産】


2015年も終わりということで
今年1年の投資状況&結果を数回に分けてアップ中。
3回目は おおむね無リスク資産と呼ばれるものを集めてみた。


現在の状況は以下のとおり。


・個人向け国債(変動10年型)・・・野村證券
・MRF(マネーリザーブファンド)・・・ネット証券数社
・2週間満期定期預金・・・・・・・・・・新生銀行
・宝くじ付き定期預金・・・・・・・・・・・スルガ銀行
・普通預金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新生 ゆうちょ 地元信用金庫 住信SBI
・現金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約10万




個人向け国債は キャンペーン内容が充実している野村一択。


MRFは 複数の証券口座に主にIPO資金としておいているが
なかなか管理が面倒で ズボラな私にはツラいものがある。
白状してしまうと 某証券会社で申し込んだIPOが当選していたにもかかわらず
確認を怠ったために破棄となり ペナルティ措置でしばらくBBできなかった。orz

IPOはノーリスクだから こまめにコツコツやったもの勝ちである。
今年の失敗を糧に 来年こそはマジメにがんばろうと思う。。。


新生銀行の2週間満期定期
月間振込手数料が5回無料になる条件を満たすため。
住信SBIも条件によって手数料無料回数が設定されているが
最近のSBIグループはルール改正がめまぐるしく 心理的に距離を置いているw


スルガ銀行の宝くじ付き定期は もちろん【宝くじ】狙い。
『当たったらどうしよ~』としばし妄想できる楽しみがある。
でも満期を迎えたら長男の大学費用にあてる予定。


普通預金口座は4つ持っている。
新生とゆうちょは 主にオークション出入金・証券会社出入金窓口。
信用金庫はもろもろの料金引き落とし専用。
住信SBIネット銀行は SBI証券との連動を考えとりあえず開設している。


現金は10万を手元に残し それ以外は新生かゆうちょに適当に振り分け。
もし現金が足りなくなったら 自宅近くのATMにかけ込む。
田舎だが・・・いや田舎ゆえに? 走って30秒足らずの場所に
ゆうちょ銀行があるのは本当にありがたい。

*

チャイナショックで 一時的にリスク資産が目減りした時
上記の無リスク資産の存在価値をあらためて感じた。
確かに絶対額は減ったが 資産全体を見渡した時
自分が想像しているほどひどい状況でもないのだと気付く。
分散投資やアセットアロケーションはとても重要で
自分の頭でしっかり考えるべきことだと思った。


【来年の方針】
・特に考えていないw 
 アセットアロケーション的観点から国債の買い増しはあるかも?



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

現金・預金・金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2015年投資状況2【投資信託】


2015年も終わりということで
今年1年の投資状況&結果を数回に分けてアップ中。
2回目は投資信託。


現在保有中の商品は以下のとおり。


・ニッセイグローバルリートインデックスファンド
・ニッセイJリートインデックスファンド
・ニッセイ外国株式インデックスファンド
・朝日Nvestグローバル バリュー株オープン
・通貨選択型日本株ファンド 米ドル毎月分配
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
・ひふみ投信



積立続行中もあれば中止しているものもあれば
NISA枠で購入しているものも含まれる。
具体的な金額は非公表とさせていただく。
タイトルで釣ったような恰好で申し訳ありませぬ。


一覧の中に
何気に1つだけ 明らかに毛色の違うものが混じっているw
毎月分配・通貨選択型のアクティブファンドだ。
もちろん手数料もとびっきり高いやつ。


言い訳すると これは夫がメインで資産運用をしていた時に
夫が買った商品である(自分に非は無いと言いたいらしいw)。

しかも困ったことに 投入金額が突出して多い・・・orz
なにぶん為替と株の値動きの影響をダブルで受けるため 金額の乱高下が激しく
とてもメンタルが持たないと思ったが 何度も回数を重ねた今は
(良いか悪いかは別として)感覚がマヒして無の境地。


チャイナショック直前 日経平均が20900円台に乗り 1$=124円となった時に
『もうここで売るか・・・!』と真剣に悩んだが
過去記事にも書いているけれど 21,000円・125円になったら売ると決めていて
結局売却しなかった。そしてその後のチャイナショック→無の境地へ(- -)


こんなものw早く手放したいと思っている一方で
私はアクティブファンドを完全否定することもできないなぁ と思っている。
水瀬氏+山崎氏の著書にもあったように
アクティブファンドの6~7割はインデックスに負けている】という事実は 裏を返せば
アクティブファンドの3~4割はインデックスに勝っている】ということでもあるからだ。

まして今回のアベノミクス相場のように
『円安株高になることは比較的容易に想像できる展開』なら
投資対象が何であれ絶好の売買タイミングを逃さなかった人は確実に存在するし
そういう人が投資で着実に資産を築いているのだろう・・と そこはかとなく感じる。


ま。私はタイミングを外してしまったクチなので これ以上何をか言わんやであるw



【来年の方針】
・継続積立中の投信を除き 売却を視野に
 






にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

投資信託 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2015年投資状況1【個別株確定益】


2015年もそろそろ終わり ということで
覚え書きも兼ねて今年の投資状況&結果を
少しずつアップしていこうと思う。


*


2015年1月~今日現在までの個別株関連の確定益は
以下のようになった(手数料・税引き後)。


 売却益 480,913円
 配当金 100,270円
 貸株利金         9,950円
 合 計 591,133円



※確定損なし
※現在保有中・・・個別日本株6銘柄 ETF4銘柄


*


実は 個別株は苦手。
チャートは読めないし 買い時売り時も分からない。
仕事で出入りしている業者に 株式投資歴の長い人がおり
その方のアドバイスに従って売買しているだけである。
つまりほとんど何も考えていないw


配当金については 大半が塩漬け長期保有銘柄による。
アベノミクス相場となってから ようやく配当を出すようになったものの
まだまだ買値には程遠く・・・すっかり投げやりモードであるw


【来年の方針】
 ・個別株はいつでも手放すスタンス 
 ・ETFは継続保有で場合によっては買い増し
 ・米国株に挑戦





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


株式・債券 | Comments(-) | Trackbacks(-)

予算組みも目的別貯蓄もしない理由


マネーフォワードで家計管理をするようになって2年ほど。
ある程度続けていれば『何にどれだけ支出しているか』や
『すべての収入を合わせてどのくらいか』は
ズボラな私でも把握できるようになる。天晴マネーフォワードw


【年間を通したお金の流れ】をつかめるようになって 何がいちばん変わったかと言えば 
買って後悔するが激減したことだ。これは自分でも驚いている。


自分が必要だと思うものしか出費しない=納得してお金を使っている
ので毎月の家計予算を立てたり目的別貯蓄をしたり
という必要性はとりたてて感じていない。


お金を貯めたければ先取り貯金すべし とよく言われるが
我が家は 収入から支出を引いた残りを貯蓄や投資に回しているようなもので
その点とても優秀な家計管理をしているとは言えない。

それでも毎月多少なりとも貯蓄ができているのは
上記の理由によるものだと思う。



予算組みも目的別貯蓄も 有用性は否定しないが 

紙面上で数字をこねくり回すだけの作業になったり
目標を達成したいがために 家族に負担を強いる格好になったり
【枠】を作ることで 必要な出費すらむやみに制限したり
あるいは上限いっぱいまで使えるからと 後で後悔するような支出が生じたり

そんな弊害もありうるのではと。


単に『私の性に合わない』だけの話かもしれない。
シンプルなやり方のほうがしっくりくるし続けやすい。
家計管理は継続することが一番重要だと思っている。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)

レバレッジ付き定期外貨取引に注目


今月10日よりSBI FXトレードにて
【レバレッジ付き定期外貨取引】サービスが開始された。


主な特色としては・・・

・自動で定期購入が可能
 さらに設定を毎月・毎週・毎日の中から選択できる。

・スプレッド(手数料)が安い
 米ドル取引なら0.05円=5銭。
 通常の外貨預金は論外として 外貨建てMMFよりも安い。
 スワップポイントもつく。

・信託保全されている
 外貨預金はペイオフの対象外であるが
 このサービスは万が一業者が破綻しても全額が保護される。

・レバレッジは1・2・3倍の中から選択。


長期的には円安ドル高になると予想していれば
今からコツコツ積立していくことで
為替差益と金利差をとることができる。ちょうどアメリカが利上げしそうだしw


もちろん為替リスク等は重々承知しておかなければならない。
が 今後は日本円のみで資産を持つことのリスクも
同じくらい理解しておく必要があると個人的には思っている。


同じ外貨取引でも FXは眼中になかったが
この定期外貨取引はなかなか興味深いので
早速口座開設してみようと思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

現金・預金・金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

夫の個人的支出に一切口を出さない理由


夫は そこそこの着道楽。
個人的支出のなかでも 突出して被服関係が多い。
年をとっても だらしない服装やおっさんじみた格好だけはしないと
心に固く決めているらしい。

それはそれで 非常にすばらしい心がけだと思うので
夫が何を買おうが身につけようが 私は一切口を出さないし手も出さない。
下着のパンツ1枚すら 買ってきてやったことがない。


口も手も出さない理由はもう1つある。

手持ちの服や靴は ほぼすべてオークションで売買し
トータルで見るとコストがそれほどかかっていないため。




つまり・・・何も言えないw


夫はオークションで落札したものを1、2シーズン使ったあと出品する
というパターンで手持ちの服や靴を入れ替えている。

ポイントはブランド品であること。
商品価値が落ちにくい。
オークション市場では ブランドものをより安く手に入れようと言う
需要が確実に存在するため ユーズドでも落札確率は高く 
場合によっては思った以上の値がつく。


オークションで市価よりも安値で落札した服を 
再びそれなりの価格で売る ということを繰り返せば
それほどお金をかけなくても ファッションを楽しめるわけだ。


そんなオシャンティな夫を持つとw 家族にもメリットがある。

洋服の共有である。

私も長男も 最近では長女がいちばん夫の服を着ているかもしれない。
JCとアラフィフのおじさんが服の共有・・・
ただイギリスモッズテイストのきれいめカジュアル路線なので
若い女の子が着てもあまり違和感はない。
ちょっと大きめのオイルコートを羽織っていると非常に可愛い。←親バカ


一方でデメリットもある。
オークション終了後のやりとりや発送はすべて私が請け負っているので
出品数が多いと 本業そっちのけで取引作業にあたる時もある。これが結構大変。
夫の被服費削減は私の地道な作業あってこそなのだ。
そこんとこ夫は分かっているのか=3


・・・とは言え感心するのは 夫の執着の無さ。
服に限らず モノへの執着がほとんどない。
気に入っていても 高く売れそうだと思ったら躊躇なく手放す。
そして『俺みたいな奴はいないよな』と(多分)自画自賛している。


しかし時に 神がかった引き寄せ力や直感力を発揮することがあり
これも執着しない思考の延長線上にあるものなのか・・・と思わずにいられない。
自画自賛がウザいので面と向かって言いはしないが
内心こういう部分は見習うべき部分だと思っている。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

その他 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ボーナスなし。年末年始も特に何てことない生活です


早いものでもう12月。

冬のボーナスの季節となった。

我が家は夫を社長とする超零細企業を営んでいるが

最後はいつだったか記憶にないほど 長らくボーナスというものを支給していない。

理由は 税金がかかるからw



【日当】は支給している。

日当は税務上 給与の一種だとは認識されておらず

比較的簡単に導入できる節税策として 多くの企業で活用されている。

支払う側・受け取る側 双方にとってメリットがあり且つデメリットがないことも大きい。

ウチの場合 支払う側=受け取る側 ですがね



そんなわけで ボーナスをあてにした支出・貯蓄というものが存在しない。

【あてにしない。】これもボーナスを支給しない理由の1つだ。

毎月毎月 それほど変わり映えのしない金額を淡々と受け取り

淡々と支出・貯蓄・投資に振り分けている。


 

ちなみに我が家 年末年始の過ごし方も淡々としている。

クリスマスは特に何もせずケーキも食べない。

12月下旬から1月上旬にかけて 義父母を含めた家族6人のうち

実に3人の誕生日が集中しているためだ。

以前は 12月と1月それぞれにケーキを買っていたのだが 誰からともなく

『ケーキばかりでうんざり』『ありがたみが薄い』というクレームが出てw

現在は すべてひっくるめて長女の誕生日にお祝いのケーキを食している。


しかし残念なことに いつもより豪華な食事となる正月と重なっているため

長女のバースデーケーキさえ『やめてもいいんじゃね?』的な空気が流れており

私がたま~~~に作るアップルパイかプリンで充分ではないかという意見もちらほら。




ゴホ。ケーキで熱弁をふるってしまったw 話を戻して・・・



年末は大みそかまで仕事をしているので大掃除っぽいこともしない。



年が明けてからは 近くの神社への参拝と車で10分の実家に行く以外は出かけず

ネットショッピングで福袋や初売りセール品を買うこともない。

ただ正月3日間の献立だけは 計画を立てて事前に準備しておき

当日はなるべくのんびりできるよう手はずを整える。ズボラしたいがために こういうところは真剣w 



休み期間中は オークションの出品作業をしたり ネットを見たり

アセットアロケーションや 昨年1年間の家計を見直したり

耐えられる程度の寒さであれば 外に出て庭仕事をして過ごす。



季節感がなさ過ぎるのもいかがなものか と思わなくもない。

だが 取り立てて何ということのない年末年始の過ごし方は

心穏やかでわりと気に入っている。




 




にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)