*Simple資産運用生活*

2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月
ARCHIVE ≫ 2016年09月
      
≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

銀行口座をととのえる

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s.jpg 


現在、夫婦で開設している銀行口座は各4つ。

    夫・・・ゆうちょ、住信SBI、新生、地元信金
    私・・・ゆうちょ、住信SBI、新生、スルガ
    

これが多いのか少ないのか分かりませんが、
あと1つ2つ減らしたいと思っています。

多ければ多いほど管理が面倒になりますし、
数を絞って、それぞれに役割を持たせることでお金を把握しやすくなり
「お金が貯まりやすくなる」ことにつながると考えているからです。


我が家の場合・・・

 【家計支出専用】 → 信用金庫

 【振込み専用】 → 新生、住信SBI

 【証券会社への出入金窓口用】→ ゆうちょ
 
 【宝くじ専用】→ スルガ(宝くじ付き定期預金)

と役割を分け、それぞれに口座を割り当てています。

・・・が、実際は明確に分けられていない部分もあって、今、その辺を整備しているところ。


たとえば、毎月積み立てているセゾン投信・ひふみ投信はこれまで
引き落とし先を新生銀行に指定していましたが、これをゆうちょに変更とか、
区切りがついたら新生銀行は解約しようとか、そういったことです。


新生銀行は振込み手数料無料の先駆的存在でしたので、かつては非常に重宝していました。
しかし今は、大手やネット銀行も条件付き無料を導入しているうえ、
振込みそのものの回数が減ってしまい、あまりメリットが感じられなくなってきています。

年月の経過とともに、状況は変化していくものです。
こういったことに対処するのは、ついつい面倒で後回しにしがちですが
ここは無我の境地で淡々と作業したほうが吉ですw



ところで我が家には【貯蓄専用】の銀行口座がありません。

銀行の定期預金よりも国債や1~2年ものの社債を買うほうが良いという考えからです。
実際、国債や現金を含め、我が家の資産の9割近くがゆうちょor証券口座内にあります。

急にまとまったお金が必要になれば、ココから出金すればよいだけですし、
IPOや短期投資にも臨機応変に対応でき、なにかとラクになりました^^

*

銀行口座の数を絞りたいもう1つの理由は、
『日銀のマイナス金利政策の影響による銀行収益悪化のしわ寄せが
最終的に個人に押し寄せないとも限らないから』です。


 ↑預金口座手数料導入の検討を匂わせる発言が。


万が一その時がくれば、何らかの対処をしなければなりませんが
現時点で銀行に預けておくメリットは相当薄くなっていますし、
今後フィンテックの進化普及に伴って銀行が大きな影響を受けるのは明白です。

というわけで、銀行とは最小限のお付き合いで充分だろうと思っています。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

スポンサーサイト
現金・預金・金 | Comments(-) | Trackbacks(-)

センター受験料振り込み。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s.jpg



今日、大学入試センター試験の受験料を振り込んできました。


【3教科以上受験&成績通知を希望する】を選択し、受験料は18,800円。

【2教科以下受験】や【成績通知を希望しない】の組み合わせによって
選択肢が全部で4通りあって受験料がそれぞれ違います。←昨日初めて知ったw


私自身大学受験の経験がなく、まして前期だの後期だのの受験システムは
つい最近(=長男の受験により否応なく理解しなければいけない時期)まで
なんのこっちゃ?でした^^;


貸与型の奨学金は利用するつもりがなかったので申請しませんでしたが
あとで、学校からもらった資料をよくよく読んでみると
狭き門とはいえ、大学や企業が独自に給付型の奨学金を設けているところもあって
調べてみるとすでに予約申込み締め切りになっているところが多かった、なんてこともあり

受験生の親として、かなり鈍くさいことを今さら自覚する始末。(--)=3

しかし、受験料を振り込んだり、学校から持ち帰る書類に目を通したりすると
いよいよか・・・という気持ちになるというものです。こんな私でもw



すでに子供が大学生になっている知人友人は沢山いますが、
みんな口をそろえて「大学ってほんっっとにお金かかるから!!」と言います。
私立に2人通わせてる知人など、自嘲気味に「フッ、家1軒建つわよ」とか(怖

そんな試練が、我が家にもいよいよ迫っているわけです。。。

上記の知人友人の中には、進路決定をめぐって親子バトルが勃発したり
期限が迫るなかとても厳しい決断を下さざるをえなかったりと、
話を聞いただけでゲンナリするような修羅場をくぐってきた人もおり、

できる限り同じ轍は踏むまい、と、これから受験が迫るにつれて
ナーバスになるかもしれない長男とは程よい距離感を保ちつつ
私なりにコミュニケーションを図ろうと意識しているところです。



・・・それにしても、こないだ高校に入学したかと思ったら、もう大学受験ですよ。

昔、先輩ママの方々に『子供の小さい時が貯め時よ!』と言われてきましたが
まったくもってそのとおりでした。

なるべく子供が小さいうちからお金が貯まる仕組みづくりを構築していかないと、
幼稚園、小学校、中学校・・・と成長するにしたがって
体感的に時間の経過がどんどん速くなり、なおかつ教育費も上昇していきますので
後手に回れば回るほど、自らの首を絞めることになってしまいます。
義務感からママ友作りに腐心したり、格付けし合っているヒマはありません。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ

家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)

今年は猛暑日続きだったことが太陽光売電でも分かる件、およびエアコンと電気代について。

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s.jpg 



9月に入りました。
振り返ってみると・・・やっぱり8月は暑かった(--;
予報どおりの猛暑で、とりわけ私が住んでいる地域は
国内最高気温に見舞われる日も何度か。

突然バーッと夕立が降る日が何度かあったものの、
連日きびしい日差しが照りつけ、雨が非常に少なかったことは明らかで
先日届いた8月の電気料金の数字を見れば、そのことが良く分かります。


太陽光による売電収入・・・ 58,182円
使用電気料金・・・・・・・ 28,075円    差引 +30,107円


過去3年間の同月と比較すると、太陽光発電による売電額が1~2万円高く、
1年でもっとも売電量の大きくなる5月に匹敵するか、年によっては超える金額。
日中は本当に雨が降らなかったんですねぇ。。。


*

ついでに、使用電気料金も比較してみます。

H27年  26,972円 (+1,103円)
H26年  23,308円 (+4,767円)
H25年  30,184円 (▲2,109円)  

※2世帯+仕事場の合計になります


昨年と一昨年の電気料金と比較して、今年は少し増えていますね。
思い当たる理由として、この夏からエアコンが1台増えていることや、
とにかく暑かったので、ほぼ1日中どこかしらのエアコンが複数稼働していたこと、
子供たちの生活リズムの変化などが考えられます。

ちなみにH25年は恐怖の3万越えですがw
これは仕事場で動力の古いエアコンを使っていたせいです。
H26年から新しい業務用エアコンに取り替えたら、月4,000円ほど電気代が安くなりました。
動力(3相200V)は、基本料金が高い代わりに使用料金が安いという特徴があります。
なので、4,000円の節約はまあまあ大きいかなと思います^^


結論として何が言いたいかというと、

暑い時期になるとよく話題になる
「エアコンをつけっぱなしするのとこまめに切るのとでは、どちらがよいか?」
については、在宅であればつけっぱなし且つ自動運転にしておくほうが
賢いかもしれないということと、エアコンはやっぱり新しいほうが良いということですw


*

先月、とあるお宅へ伺ったとき、
そこのおばあちゃんが夜、寝ているときに熱中症にかかり
明け方救急車で運ばれたという話を聞き、驚きました。

室内での熱中症は知っていましたが、
今年のような暑さでは、夜であってもそうなる危険があるのですね。
体力のないお年寄りだとなおさらです。


最近のエアコンは【R32】という新しい冷媒が使われており、
オゾン層破壊係数ゼロで、さらに地球温暖化係数が低いこの冷媒を用いたエアコンが
世界的に徐々に普及していることにより、オゾン層の破壊に改善が見られるという
報告もなされているそうです。

そういう観点からも、エアコンはガマンしたり古いものをだましだまし使うより、
新しいものに取り替えて、上手に使ったほうがいいのかもしれません。



・・・なぜかエアコンを熱く語って終わったw


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
家計・暮らし | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。